本文へスキップ

ノロウイルスの原因と対策

ノロウイルスの原因と対策

ノロウイルスとは?

ノロウイルスとは、人の小腸粘膜で増殖するウイルスで胃腸炎をおこします。
最も流行しやすい季節としては、11月から3月ぐらいにかけてです。
少しのウイルスでも繁殖率が高く感染力も強いので、保育園や学校、高齢者施設などで感染者が増える傾向にあります。
ノロウイルスの潜伏期は1日から3日ほどで、症状としては吐き気や腹痛、下痢、悪寒、嘔吐などを伴います。
場合によっては発熱する場合もありますが、熱が出たとしても高熱にはなりにくいのも特徴の一つです。
下痢や嘔吐が続いた場合は脱水症状になりやすいので病院への受診がおすすめですが、多くは数日で自然治癒することが多いです。
特に幼いお子様や高齢者の場合には何度も吐いてしまうと脱水症状になりやすいので、症状が出ているときにはよく観察しておきましょう。

体調不良の男性

有効なノロウイルス対策

ノロウイルス対策として、基本的には、徹底した手洗いをすることが大切です。
外出先から帰宅したときや食事をする際には、アルコール消毒を心がけましょう。
また、ノロウイルスに感染した患者さんとの接触を避けるなどが有効的です。
ほかにも、対策としてはノロウイルスになりやすい食品を摂取するのを避けるという方法もあります。
例えば、牡蠣などの生の二枚貝は体調の悪い時などはなるべく控えたほうが良いでしょう。
また、二枚貝は火を通した状態で召し上がるのがおすすめです。
さらには、生の二枚貝に触った手や器具でほかの食品を扱わないように注意しましょう。


女性特有のお悩みには? >> 生理前の体調不良におすすめのPMS サプリ