本文へスキップ

子供のノロウイルス対策として親がすべきこと

子供のノロウイルス対策として親がすべきこと

子供のノロウイルス対策として親がすべきこととは

子供のノロウイルス対策として徹底しておきたいのが、手洗いです。学校や塾など、必ず屋外から家に帰ってきたら、手洗いを徹底させましょう。子供は手洗いを嫌がりがちですが、ノロウイルスに対して最も効果的な対策です。
手を洗うときに一番大切なことは、洗う時間です。
最近はアルコール消毒などもできるようになりましたが、ノロウイルスには効果がありません。石鹸は普通の石鹸で良いので、必ず流水で15秒以上手を洗い流してください。帰宅したときに15秒以上かけて手を洗うのは、ノロウイルスに感染しないためには基本のポイントです。子供だけでなく、大人も必ず帰宅時には15秒以上の手洗いを徹底しましょう。

ノロウイルスは、食品からも感染する可能性があります。
食品からの感染を防ぐためには、しっかりと加熱をすることです。ノロウイルスは、85度以上の温度で1分間加熱すると、ウイルスが死滅すると言われています。
食品を生で食べるのはできるだけ避けて、しっかりと加熱した料理を食卓に出すようにしましょう。生食を避け加熱したメニューを中心にしていれば、食品からの感染リスクは下げることができます。
対策をしても子供がノロウイルスに感染したら、二次感染を防ぐ対策をしなければいけません。吐瀉物には触れないようにして、洋服などはもみ洗いしてください。あとは85度以上のお湯で熱水処理し、塩素系漂白剤などを使い消毒してください。二次感染の対策もする事により、ノロウイルスが家族全員に感染するリスクは下がります。

子供のノロウイルス対策