本文へスキップ

調理時のノロウイルス対策

調理時のノロウイルス対策

調理時のノロウイルス対策

ノロウイルスは主にカキなどの二枚貝に付着していると考えられています。そのため、ウイルスに汚染されている牡蠣を食することでヒトにも感染してしまいます。
また、牡蠣そのものを口にしなくても、ノロウイルスに汚染されている牡蠣を調理したまな板や包丁にウイルスが付着することも十分にあり得るため、生ものを調理した後の調理道具は必ず熱湯消毒しておかなければいけません。
調理器具からのノロウイルス感染を予防するための対策としては、使用後の調理器具の消毒が効果的です。
ノロウイルスはアルコールでは殺菌されないので、次亜塩素酸を薄めて使うか、キッチンで手軽にできる方法としては熱湯消毒が手軽で効果的です。
消毒したい器具の中心温度が85~90℃になるように90秒間以上熱湯をかけて消毒を行います。温度が低すぎたり、時間が短いと消毒にはなりませんので、この温度と時間はしっかり守る必要があります。

ノロウイルス対策として調理器具の他にも、調理の前と後に必ず手指の洗浄と消毒も必要です。
先述したようにアルコールではノロウイルスは消毒されませんので、手指消毒用の次亜塩素酸ナトリウムを使うようにしましょう。
また、調理中だけでなく配膳の際にも気をつけなくてはいけません。配膳係の人も手指の消毒を忘れずに行うことが大切です。
ノロウイルスは、感染していても症状の出ない人もいますので、自分は元気だから大丈夫と思いこまず、常に注意していることが感染の拡大防止には重要です。

まな板の除菌