本文へスキップ

ノロウイルス対策/日常生活の中での危険な場所

ノロウイルス対策/日常生活の中での危険な場所

ノロウイルス対策のために知っておきたい日常生活の中で危険な場所

ノロウイルス対策として注意すべきポイントにまずトイレが挙げられます。
特にすでに感染した人が利用したトイレには排泄物や吐物によってノロウイルスが付着している可能性があり、少量でも付着してしまうと感性のリスクがあります。
また、外出先などでトイレを利用する際にも注意した方が良いでしょう。不特定多数が利用しているところにはノロウイルスが運び込まれている可能性が低くなく、うっかりと利用してしまうのはリスクがあります。

階段などの手すりにも注意が必要と言えます。特に小さな子供や高齢者の場合ですと掴まる機会も多くなると思われますが、何気なく触っているところにもリスクが潜んでいるのです。体力のない者がノロウイルスに感染すると死亡する可能性もありますから、対策を十分に行うことが求められます。


ノロウイルス対策

ノロウイルスへの対策方法としては除菌を行うことですが、ただアルコール除菌では退治することはできません。そのため一般的な除菌スプレーを使っていたとしてもノロウイルス対策はできていないことになります。
ノロウイルスには、次亜塩素酸ナトリウムを使用するのが効果的であり、専用のスプレーも売られています。これは家庭でもよく使用されている塩素系漂白剤に含まれる成分であり、ウイルスを不活性化する働きがあるのです。そのため漂白剤を薄めて自作スプレーを作ることも可能です。
なお、人体には有害ですので注意が必要です。例えば手の消毒に使用すると荒れてしまう恐れがありますので、気になる時には手洗いをするなどして対策をした方が良いでしょう。

ノロウイルス感染の危険のあるトイレ