本文へスキップ

ノロウイルス対策/正しい汚物処理

ノロウイルス対策/正しい汚物処理

ノロウイルス対策のカギは正しい汚物処理

寒い時期になると必ず流行するのがノロウイルスです。
ノロウイルスが怖いのは、感染力が強いため少量のウイルスでも簡単に感染してしまう事です。
そのため、日頃から感染予防対策はしっかりと頭に入れておかなければいけません。
もし家族や身近な人がノロウイルスに感染してしまい、部屋などで嘔吐してしまったら、他の人にうつらないように正しい汚物処理をする事が大切です。
汚物処理のポイントとしては、まず汚物から人を遠ざけるようにします。
特に小さい子供は何なのかよくわかっていないため、知らずに汚物を踏んでしまい、感染源を部屋中に広げてしまう恐れがあります。
そして汚物の片づけをする人は、使い捨ての手袋やマスクを必ず装着するようにします。部屋を換気する必要もあり、窓も開けておきます。
消毒液は塩素系漂白剤を使って作るのですが、0.1%濃度のものと0.02%濃度のものを用意します。
2Lのペットボトルを使う場合は、0.1%濃度の消毒液は50mlの塩素系漂白剤、0.02%濃度の消毒液は10mlの塩素系漂白剤を入れて水で薄めます。
この消毒液を使って最初に行うのが、汚物の上にペーパータオルか新聞紙をおおい、その上から0.1%濃度の消毒液をかけます。その状態で10分以上放置し、ペーパーごと汚物を回収してビニール袋へ入れます。
さらに汚物で汚れた床に再びペーパータオルを敷き、0.1%濃度の消毒液をかけます。その後ペーパータオルを回収し、水拭きしておきます。
消毒範囲は汚物のあった場所を中心に、おもちゃやドアノブなど直接手で触れる部分なども0.02%濃度の消毒液で拭いておくようにします。
ノロウイルスはいきなり発症します。その時にバタバタする事がないよう感染予防対策として、塩素系漂白剤や空のペットボトルを常備しておくと安心です。

消毒液でノロウイルス対策