本文へスキップ

外出時に気をつけたいノロウイルス対策

外出時に気をつけたいノロウイルス対策

外出時に気を付けたいノロウイルス対策とは

ノロウイルスの正体は人間の小腸粘膜で増殖するもので、従来は小型球形ウィルスと言われていました。
嘔吐や吐き気、下痢、腹痛などが主な症状で、少量のウィルスでも強い感染力があり、人が集まる場所で感染した場合、集団感染を引き起こすリスクが高いと言われています。
また、強い感染力があるのでわずか1日で感染症や食中毒の症状を引き起こすなど、普段からの予防がノロウイルスに感染しない秘訣にもなります。
ノロウイルスは冬場に多い感染性胃腸炎の一種と言われていますが、健康な成人の場合には1~2日ほどで症状が治まるのですが、免疫力の低下しているお年寄り、免疫力が弱い乳幼児などの場合は症状が長引く事もあれば、症状が重くなる事もあるので注意が必要です。
また、強い感染力を持つため、感染した子供の看病をしている人が、子供の吐しゃ物から感染してしまうケースもあるなど注意をしなければなりません。

外出時には人から人への感染が起こり得る可能性がありますが、手に付いているウィルスが口から入る事で感染する危険性があるため、外から帰って来た時には最初に手を綺麗に洗う、消毒を行う事が対策に繋がります。
因みに、食品からノロウイルスが感染するケースもあります。冬の味覚の一つでもある生ガキは鮮度が高いものであれば安心ですが、鮮度があまり良くないもの、中心部の過熱が不自由分なものなどはノロウイルスに感染する可能性もあるので、十分加熱が行われているものを食べると言うのも感染しない対策の一つと言えましょう。
尚、外食時もトイレの後には綺麗に手を洗って消毒をすると言う事も、感染に対する対策として有効です。

ノロウイルス対策には手洗いうがいが重要